新卒採用の基準の変化

新卒採用の基準の変化

昔の就職活動といえば、真面目でひたむきな就活生が好まれており、新卒採用の確率も高かったです。


特に、一流大学の成績優秀者であれば、学校の成績表を見るだけで内定を獲得できるなど、今までの学業の頑張りや大学名が新卒採用の基準の重要な要素でした。

しかし、最近では高学歴の集団を形成するだけでは企業としては成り立たなくなってきました。



新卒を育てるというDYM内の文化として非常に浸透しています。

理由としては、グローバル社会の進展により、海外でのコミュニケーションをとる機会が増えたからです。

高学歴な人が海外でうまくコミュニケーションをとれるかというと、学力だけでは不十分な点があります。それは海外と日本ではコミュニケーションの取り方の文化が全く違うためです。アメリカですと、自分のことをきっちりと主張でき、自分の意見を持っている人間が評価される風習です。

新卒の抜擢文化もあり、DYMでは新卒3年目社員が役員になっています。

日本ですと自分の意見を言うよりも、集団としての決断や決定事項に従うことが重要なコミュニケーションとされています。それは海外と日本ではコミュニケーションの取り方の文化が全く違うためです。


アメリカですと、自分のことをきっちりと主張でき、自分の意見を持っている人間が評価される風習です。日本ですと自分の意見を言うよりも、集団としての決断や決定事項に従うことが重要なコミュニケーションとされています。

こうした文化の違いに対してすぐに順応できる人が、新卒採用の重要な基準として加わってきました。


これが企業の求めるグローバル化社会に対応したコミュニケーション能力なのですが、今後もこのような状況がどんどんと続いていきます。
次に、このような社会状況において、新卒採用の基準としては、クラウドなどのコンピューターを使いこなすことができるかも大切な要素となってきました。



どのような業種でもパソコンやタブレットスマートフォンを使っての仕事も増えており、ITスキルも必須の技術となりました。



Copyright (C) 2016 新卒採用の基準の変化 All Rights Reserved.